不動産投資セミナー関連情報

HOME不動産投資セミナーで聞いておくべき質問

最終更新日:2017/09/13

不動産投資セミナーで聞いておくべき質問

男女

ある程度中規模以下の不動産投資セミナーであれば、講演者と参加者の距離感というのは比較的近いものとなっています。規模が大きすぎる不動産セミナーであれば難しい事も、小規模のセミナーなら小回りよく実行する事が可能です。そういった親しみのある不動産セミナーの場合、多くがイベント参加者に向けた質問コーナーを設けているのです。一般人が不動産の専門家と関わる機会は少ないと言えるので、このタイミングで不動産投資の疑問点や質問店などを積極的に聞いてみるのをオススメしておきます。
その質問内容ですが、比較的ポピュラーなのが具体的な投資金額の相場と税金関連です。マンションやアパートを始め、賃貸物件のオーナーになるためにはまとまった金額のお金が必要となってしまいます。土地と物件を合わせれば、どれだけ低価格であっても1000万円以上は最低でも必要とされるのが不動産投資という世界です。
初心者にとって気になる部分が、自分がオーナーになりたい土地物件の価格が、プロの目から見て妥当の料金相場であるかという点です。まだ経験の浅い投資家の場合、こういった業界の平均値を測るのは難しい事ですから、セミナーの質問コーナーでしっかりと明らかにしておきたいところでしょう。
そしてもう一点、税金に関する質問も聞いてみて下さい。不動産投資のメリットは安定し賃貸収入だけではありません。固定資産税を元とした、各種税金対策も不動産投資の目的として幅広く活用されているのを覚えておきましょう。不動産斡旋業者の多くは、このような税金対策に関しても投資家に向けて情報を提供しています。しかし税金や土地に関する分野というのは法律が関わるウェイトが大きいので、投資初心者にとってはややハードルが高い要素と言えるでしょう。
ですが、税金などをテーマにした不動産セミナーなら、その分野に特化した専門講師が講演しているので、どんな質問でも答えてくれると思います。講師の中には行政書士など法律のプロというパターンもあるので、必ず税金対策についても聞いてみて欲しいです。せっかくの家賃収入ですから、より多くの恩恵を受けるためにも税金対策は外せない問題と言えるでしょう。
このように、不動産投資セミナーというのは、開催規模や内容によって質問コーナーを設けているケースがあります。ビギナー投資家もベテラン投資家も、気になる不動産経営の質問店や疑問点、税金対策を始めとする法律的な問題も余す事なく聞いておくのが肝心です。より有意義なセミナー体験をするためには、分からない業界知識をどんどん質問する積極的な姿勢を持っておく事も大事な資質だと覚えておいて下さい。

一覧はこちら

不動産投資セミナーランキング

TOP